経済問題

すべての社会が経済問題に直面しています。それは主にリソースに関することです。 人々のニーズは無限なのですが、それに対する需要と必需品を満たすために利用可能なリソースが限られているので、経済問題は絶対的にそこに存在しています。

リソースは2つの理由で制限されます:

1.有限量がある。陸地や原材料など
2.労働力などの限界



選択と機会原価

選択と 機会原価は経済学の2つの基本概念です。 リソースが限られるなら、生産者と消費者は競争している代替手段の選択をしなければなりません。 すべての経済的な決定が、選択をすることを伴います。 ある人は、全体的な結果をを最もよく使用する方法を選ばなければなりません、そして、会社はそれらの労働者と機械を最もよく使用する方法を選ばなければなりません、そして、政府は納税者のお金を最もよく使用する方法を選ばなければなりません。

経済的選択をすると、代替手段をあきらめなければならないので、犠牲が生まれます。(代替手段が提供した利益の損失をもたらします)。 例えば、個人が10ポンド持っていて、本がそれぞれ10ポンドで売られていて、ダウンロードされた音楽などがそれぞれ1ポンドであれば、本を買うのは、音楽を10作ダウンロードしたことを意味します。それでようやく経済的に同等の価値であると判断されます。経済的な活動の裏には常にそういった選択の問題がはらんでいます。

私たちは常に選択、そして、経済合理性的な観点で最適な行動をすると前提されて考えられているのです。しかし、実際にはそうではないというところに根本的な経済の問題点が潜んでいるのです。